売れないから買うのもNG「損な家」の特徴

家を買うときに損しないため、もしくは所有する不動産が売れない物件だと把握するために、「損する家」の特徴を覚えていただきたいと思います。

どの時代にも、需要の高い家には特徴があります。また需要のない家の特徴もあまり変わることはありません。

不動産の購入においては、

買い手がいる物件
借り手がいる物件
日当たりの良い物件

はマストです。(⇒【歴30年のベテラン投資家さんにインタビュー】不動産の購入で大事にしたいこと3つ)

◆損な家の特徴【家・土地編】10選

売れない・買わない方が良い「損な家の特徴」は家自体にも、土地にもあります。

1.築の古い木造建築

家の価値は、30年でほぼゼロになるといわれていますが、木造建築の場合はもっと早いです。20年ほどでほとんど価値がなくなり、買ってくれる人がいなくなります。かなり値引きしても売れ残ってしまうことがほとんどなんだとか…

基本的に、家は年数が経てば経つほど価値は下がっていきますが、その中でも劣化が早いのが木造建築です。

2.土地の形が歪(いびつ)

土地の形は、正方形に近いほど価値が高いといわれています。歪な形だと、用途が限られてきて不便なので、価値が落ちてしまいます。

特殊な形であったり、三角形、楕円形などの土地を購入しようと考えている場合は、一度よく考えてみてください。

3.接している道路が短い

田舎の物件にありがちなのがこちら。面している道路が、狭かったり短かったり、出入りが何かと不便そうな場所は要注意です。売れにくいと考えられます。

4.道路と家の土地に傾斜がかかっている

土地全体に傾斜がかかっている物件も要注意です。平坦な土地の方が人気があるのは想像に難くないでしょう。

また、傾斜がついているときに大切なのは「方角」です。上記の図を参考にしてみてください。傾斜によっては日当たりが最悪のNG物件かもしれないので、お日様がちゃんと入るか、方角を確認してみましょう。

5.面している唯一の道路が私道

購入しようとした家の目の前の道路が、正確にいうと隣の人の道路だったことがあります。つまり、「私道」ですね。公道であれば問題ないのですが、毎日通るところですので揉め事になると大変です。家に入れなくなってしまいます。私の場合は、隣の人と話し合い測量を行い、私道と公道の境目をしっかりつけることで解決しました。

6.ヤンキーのたまり場が近くにある

都会の方はあまりご存じないかもしれませんが、田舎になればなるほど、ヤンキーはたくさんいます。(もちろん都会にもいますが)近くの公園などがヤンキーのたまり場になっていることも少なくないんです。
騒音問題や治安問題にも発展しますし、トラブルにもなりかねません。そうしたリスクが常に付きまとうため、非常に売れにくいのです。

7.駅が極端に遠く、バスに乗らなくてはいけない

交通の便があまりにも悪いところも不人気です。車での移動が主となる買い手の方だと良いですが、電車移動やバス移動が主となる人ですと、交通手段は多いに越したことはありません。目安は駅まで何分かによってきますが、バスで30分ほどかかってしまうような場所は不便と呼べます。

8.経済が発展していない

過疎化しており、経済がほとんど止まってしまっているさびれた街のような雰囲気がある場所は不人気です。さびれた商店街などがあっても、回っていないと意味がありません。

9.電話線の場所や数

インターネット回線+電話回線があるかどうかも大事なポイントのようです。スマホが普及した今でも家電は需要があります。電話線が1か所にしかないと不便に感じる人も多いようです。インターネット回線だけでなく、電話線が良い位置にあるか、家中にあるかは一度見直してみましょう。

10.建売物件

建売物件は、中古になると不人気です。誰にでも当てはめやすい家になっているので、悪い意味で無難なんだとか。個性もなく特に「良い!」と感じる人がいないのは致命的かもしれませんね。多くの人に向けて作られているものは、たった一人に刺さりにくいようですね。

◆損な家の特徴【家外・屋内編】21選

1.庭にBBQコンロ
2.井戸
3.芝生
4.塀やフェンスがない家
5.暖炉
6.吹き抜け
7.螺旋階段
8.ゲストルーム
9.アイランドキッチン
10.タイルのお風呂
11.多すぎる窓
12.リビングルームが2階
13.玄関からリビングが直
14.3階建ての戸建て
15.交通量の多い道路に面した家
16.自然に囲まれすぎている
17.学校のグランドの横
18.桜並木
19.繁華街・ネオン街
20.公園の横
21.海の近く

引用:詳細はこちら10回の引っ越し経験から導き出す「理想の家」

◆まとめ|売れない家の利用方法を考えよう

いかがでしたか?

購入してはいけない家や土地の特徴はお分かりいただけたでしょうか。

相続によって手にした不動産なども、当てはまっていると売れにくいと考えられます。

身内の誰かが住む、とか、極端に値段を下げて売りに出す、といった方法を考えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする