不動産売買取引、なんとしてでもポイントを付ける方法はないの?

さまざまなショッピングで、ポイントサービスが増えています。買い物した額に応じてポイントが貯まり、支払時にも利用できるのがポイントサービスの魅力です。

でも、ふだんのお買い物でポイントがたまることはあっても、不動産取引でポイントがたまるというのは、あまり聞いたことがありません。電子マネーやクレジットカードの利用が普及しでも、まだ現金取引が多い不動産取引では不動産取引では、クレジットカードの利用はできないのでしょうか?不動産の支払いではポイントは貯められないのでしょうか?

◆不動産取引でもポイントが貯まる!?

実は、不動産取引でもクレジットカード決済の利用が可能です。さらにはポイントがたまるサービスの導入も増えてきています。

賃貸ではすでに初期費用の分割払いや家賃の支払いでもクレジットカードが利用できる不動産会社も多くなりました。入居審査でも信販会社の保証審査が必須のところもあるためクレジットカード払いの導入は進んでいると言えます。

ある大手建設会社の賃貸物件では建物管理をより効率的に行うために、クレジットカードに対応するシステムを導入してクレジットカードでの決済を可能にしたケースもあります。
多くの物件を扱う大手では、顧客を適正に管理する目的からクレジットカードでの支払いを導入した方が管理面での大きな利点となっています。

しかし、賃貸住宅の個人オーナーにとってはクレジットカードを利用した際の手数料や手続きを面倒に感じる方は多いのです。現金での支払いの継続を希望する方がまだ多く、クレジットカード払いが進まない理由のひとつになっているのは確かです。

◆大手不動産会社はやはり最先端

大手不動産や管理会社のクレジットカードによる決済の導入が進んだことで、賃貸住宅で初期費用のクレジットカードでの支払いが可能になり、分割払いにも対応する物件も出てきました。月々の家賃の支払いもクレジットカードでの支払いが可能な物件も増えてきたというわけです。

ポイントサービスについては、クレジットカードの支払いでポイントがたまることは、賃貸を探している人にも魅力的な条件です。入居者を募集する物件の有利な条件にもなってきています。

◇さまざまなポイントサービス

現在不動産取引でポイントサービスを導入しているところもいくつかあり、ピタットハウスで知られる『スターツピタットハウス株式会社』では、仲介手数料(税抜き)1000円で50ポイント、スターツピタットハウス株式会社売主、関西スターツ売主、仙台スターツ売主またはスターツデベロップメント株式会社売主による中古物件を購入する場合には物件の購入金額(税抜)が1,000円につき2ポイントのポイントがもらえることもあるそうです。

この場合、クレジットカードの名義は、会員本人名義であることやポイントサービスの利用も対象店舗だけに限ります。不動産売買を考える際には確認が必要です。

◇センチュリー21・ジャパンは楽天スーパーポイント

センチュリー21・ジャパンでは仲介手数料の額に応じて貯める、使えるという『楽天スーパーポイント』を導入しています。
楽天ポイントもこのところますます利用できる範囲が広まっている便利なポイントサービスです。インターネットサイト楽天市場だけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの実店舗でも楽天Edyの利用可能な店舗でポイントが役立ちます。

◇不動産取引とTポイントと私

このほかにも大手ポイントサービスのひとつであるTポイントを導入し、仲介手数料に応じたポイントを貯められる不動産会社も増えてきています。
Tポイントも利用できる加盟店が多いため、不動産取引の際に仲介を依頼する会社が加盟していれば不動産売買でTポイントが獲得できます。
不動産売買取引となると決して小さくない仲介手数料ですから、どの不動産会社を選ぶかを検討する条件のひとつにしてもよいでしょう。

◇マイルまで貯まる!?

こうして不動産取引で貯められるのはポイントサービスだけではありません。
航空会社を利用した距離によっても貯められるマイル、マイレージを導入しているところもあります。

日常生活でマイルを貯めているという人は多いのではないでしょうか。マイルはちょっとした旅行やコツコツ貯めての長期旅行などにも使えてお得に利用することが出来ますよね。「チリも積もれば山となる」を形にしたようなシステムですが、不動産取引であれば一気に山となります。

◆不動産取引は新しい形に

これまで不動産取引といえば現金での取引というのが一般的でした。
特に賃貸ですと、家主である大家さんから部屋を借りた場合、クレジット決済ではなく、銀行振込による現金で家賃を支払うことを希望されることが多いです。

そんな現金取引のイメージが強い不動産取引でも、仲介手数料の支払い方法にクレジットカードの利用が可能になってきているということです。
背景としては不動産会社の運営上の理由だけではなく、クレジットカードを利用する方が増えてきたことも大きな要因のひとつでしょう。

ポイントカードの利用も同じ様に増えています。
取引金額も大きくなることが多い不動産取引ですから、その仲介手数料ももちろん大きくなります。クレジットカードで支払うことができて、ポイントも貯まるとなると、ちょっとしたキャッシュバックにもなります。
人生でも最大のお買い物と言われる不動産売買では、高額取引になります。そんなときポイントサービスが利用できればかなりのポイント数も期待できるというわけです。クレジットカードを利用してお得なポイントを貯められる、不動産会社選びの際にはこうしたことも考慮して検討するのもよいでしょう。

◆まとめ|有利なのは大手、不動産一括査定サイトで情報収集

いかがでしたか?

不動産取引でポイントが貯まるなんて非常に嬉しいですよね。これからさらに進んでいくことが予想されますが、やはり行動が早いのは大手不動産会社です。

不動産の売却を考えていたり、不動産のポイント制度に知りたいと思っているのであれば、まず不動産一括査定サイトで自身の不動産を査定し、その価値を確かめてみましょう。

不動産一括査定サイトには大手不動産会社が登録されているので、「絶対に中小企業が良い」といったこだわりがなければまずやってみると良いでしょう。そして、不動産一括査定サイトには様々な業者が登録されているので、情報収集には持ってこいです。ポイント制度について知りたいときは多くの不動産会社と話せる一括査定サイトはオススメです。

査定を行う場合は複数社行うのが不動産売却の鉄則です。査定を行ってもらう業者の数は多ければ多いほど良いのです。最低でも4社以上に査定を行ってもらいましょう。話を聞いている内に不動産売買はどういったシステムになっているか、良い業者はどんな特徴があるかわかってくると思いますよ。そして、話していくついでに不動産事情や決済方法など情報収集をしていくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする