住まい選び、注文住宅vs建売住宅、どっちの不動産が良い?

住まいを購入する際、どちらかで迷う問題として多いのが「注文住宅vs建売住宅」です。

それぞれのメリット・デメリットから、あなたに合った不動産選びをしましょう。

参考にしてみてください。

◆優先順位を決めておこう

不動産を購入する際、どうしても外せない条件や譲れないポリシーなどは先に決めておき、優先順位をつけておきましょう。

よく挙げられるのが

・価格
・立地
・広さ
・住宅メーカー
・間取り
・安全性や性能
・売りやすさ

などです。

こちらもぜひ⇒住まいを買うとき大切なのは、理想の家か土地か。優先するのは?

優先順位は、人によって異なります。家族構成や住居形態にもよるでしょう。

ですので、答えはありません。それぞれに合った家づくりを目指しましょう。

今回は、特に新築戸建てを検討中の方にぜひ紹介したい内容になっています。戸建て購入に失敗しないよう、念には念を入れて勉強しておきましょう。

◆注文住宅vs建売住宅、あなたはどっち?

注文住宅は自由に設計が可能です。一方、間取りや設備がはじめから決まっている建売住宅は費用がある程度抑えられるなどのメリットがあります。

あなたはどちらが良いですか?

ここからは、注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

◇注文住宅のメリット・デメリット

メリット

・間取りや設備が自由自在に選べる
・理想の家にできる
・不動産会社の担当者が詳しい人で、好みも合う人だとアドバイスを貰え、ベストな家にできる
・着工から完成まで、リアルな建設風景が確認できる

デメリット

・多くを盛り込むと、コストも上がり、予算オーバーしてしまう可能性も
・土地の基礎の具合によっては、想定外の費用が発生することも
・一つひとつの確認が必須になるので、打ち合わせにも時間がかかり入居まで時間を要することも
・住宅ローンがつなぎ融資や2本立て融資などで複雑になりやすい
・すべてが完成するまで、イメージしていたものと違うギャップが生じてしまう可能性も

⇒なぜ注文住宅は高いの?

理由は主に2つあります。一つは、それぞれの資材にコストがかかるためです。例えば、扉・ドアノブ・鍵・バスタブ・トイレなど、それぞれの機能・色・性能などで異なるものを組み合わせて選択するため、高くなってしまいます。

もう一つは、人件費がよりかかるためです。打ち合わせに時間もかかり、確認作業も多いので、職人さんによる時間的拘束も長くなります。また、その管理も難しいため高くなってしまいます。

◇建売住宅のメリット・デメリット

メリット

・注文住宅より低コストで購入できる
・完成したものを実際に見れることが多い(完成前であれば、モデルルームなどで確認が可能なことが多い)
・注文住宅のように複雑ではないので、長い打ち合わせや作業が必要なく、購入にかかる手間がなく簡単に入居できる

デメリット

・間取りや設備を変更できない
・価格が安く良い物件は完成前に売れるため、タイミングが遅いと買いそびれる
・完成までの建築過程を見れない

⇒なぜ建売住宅は安いの?

上記の注文住宅と全く逆です。

建築棟数を多くすればするほど、一度に大量発注が可能になり、コストを抑えることができます。また、決められた住宅を作るため職人さんに無理な拘束がなくなり、効率よく作業を進めることができます。また、外注によって営業せずに済むので、人件費の大幅カットが可能になるためです。

◆住まい選びで心がけてほしいこと

やはり、お金に関することはしっかり計画を立てておきましょう。あまり無理をしすぎて、すべて手放さなければならなくなったら、本末転倒です。また、不安でいればせっかく購入した住まいでの生活が楽しくなくなってしまいます。自分に合った返済計画を立てて、無理せず返済していきましょう。

次に、家に対して「理想を追いすぎないこと」です。長年憧れていたこと・良いと思っていたことが、実際に経験してみると必要のないと感じたり、飽きてきたり人の欲求に終わりはありません。理想を追い求め過ぎず「腹八分目で満足できる」心の余裕を持ってください。一生住んでいても飽きない家はありません。そのときの状況によって理想は変わるものです。

10回の引っ越し経験から導き出す「理想の家」

この二つを心がけると、さらに新居での生活が楽しくなるのではないかと思います。妥協できる部分も見つけておいてくださいね。

◆まとめ|自分、そして家族の希望を優先しよう

注文住宅は、自由度が高い分、コストがかかる
建売住宅は、自由度が低い分、コストを抑えられる

これだけは押さえておいてください。

それぞれにメリット・デメリットがあります。そして、家族によって希望や優先順位は違います。決断しなければ多いからこそ、自身と家族の希望を優先事項に入れ、妥協点を見つけることがオススメです。まずは希望条件を整理し、話し合って一つの形にまとめると良いでしょう。

住宅を購入し、家族がどうなりたいか、どうしたら楽しく快適に過ごせるかに重点を置き、選ぶようにしてください。最も大切なのは、家を購入することではなく家族がより幸せになれるかです。

また、購入するときに「今後売却すること」も視野に入れておくことも必須です。将来売却するとなると、この家は売れるだろうか?という視点を持っておいてください。人生何が起こるかは誰にもわかりません。子供の独立、両親との同居、転勤や単身赴任など、様々な可能性があります。また、良いことばかりではないかもしれません。「家を売る可能性」も念頭に考えながら、リスクヘッジをしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする