住み替え・買い替えでの売却、業者選びのポイントは?

不動産の売却理由で最も多いのが「住み替え・買い替え」です。
もちろん、その背景は様々で

・広い家に引っ越す
・実家の近くに引っ越す
・家族が増えたから
・マンションから一戸建てに
・便利なところに住みたい

などそれぞれの家庭にそれぞれの事情がありますね。
そんなとき大きな問題となるのが「今住んでいる家の売却」と「新しい家探し」になります。
今回は、住み替えや買い替えのときの不動産売却において、どのような点に注意したらよいか?また、業者選びのポイントについて解説していきます。

住み替え・買い替えのポイント

住み替えや買い替えを検討する人の多くが、今すぐに売却する予定ではないという特徴を持っています。
「今よりいいところがあれば住み替えたい」と思っているのです。
それほど切羽詰まっていない状況であれば、ゆっくり検討する時間があるので、これから紹介するポイントを頭に入れておく程度で良いと思います。

◇売るのが先?買うのが先?

これは専門家の間でも意見が分かれる問題ですが、どちらを優先したほうが良いかの結論は出ていません。
様々なサイトや書物で議論される問題です。
どちらを優先したとしても一長一短あり、一概には言えないのです。

それぞれのメリットデメリットはこちらから⇒住み替えで不動産売却、家の購入が先?売却が先?

状況や考え方によって売却が先派と後派に分かれてしまうのは仕方のないことです。

売却プランからみるオススメの業者選び

どのように売却するかによりますが、業者選びのポイントは2点。

購入を考えている地域の売り物件を数多く持っている業者
住み替え販売に関する経験が豊富な業者

それぞれの特徴をこれから紹介していきます。

・購入を考えている地域の売り物件を数多く持っている業者

仲介業者において、やはりサンプルの数はたくさん持っていた方が良いですよね。
売り物件を多く扱っている業者は絶対的に有利です。

レインズ(不動産のネットワークシステム)を通して物件の保持数はそれほど大差がないように感じてしまいますが、それでも掘り出し物件や業者だからこそ知っている物件などは、レインズに登録される前に成約されてしまうことが多いです。
その点を考えると、レインズではカバーできないところが業者の強みなのではないかと思います。
そういった掘り出し物件を優先的に紹介してくれるかもしれない、業者選びは非常に大事なものですね。

・住み替え販売に関する経験が豊富な業者

住み替え販売を経験したことがない業者は論外ですが、理想はやはり経験豊富な方ですよね。
買い替えの際に「つなぎ融資」や「税金の控除関係」など、専門的な知識を持っていてほしいです。
そういった知識がなければ、アドバイスをいただけません。
経験に勝るものはないでしょう。

不動産業というのは、一般的に仲介業者の下積みがあります。新人時代は賃貸、そして経験を積み売買を手掛けることができるのです。
繁忙期などは人手が足りず新人に売買の仲介を担当させる場合もありますが、基本的には賃貸からの売買というフローになっています。

となると、新人ではなく経験豊富な担当者が良いですよね。
新人では融資や税金などの買い替えに関するアドバイスは得られません。
ひょっとしたらトラブルに巻き込まれてしまうかもしれませんから。
安心して売買契約を行うためにも、適切な仲介業者選びは大事なのです。
不動産売買においては、担当者で決まるといっても過言ではないくらい重要なポイントなのです。

まとめ|一括査定サイトで相見積もりを!

いかがでしたか?
住み替えの強みは時間に余裕がある点です。売却を先にするか、購入を先にするかは大きな問題ではありますが、メリットや状況から判断しましょう。

焦らず仲介業者を決めるところから始めると思いますが、そのときに「不動産一括査定サイト」を利用しましょう。
複数の業者の査定を得て、相見積もりをしてから決めることをオススメします。
「不動産一括査定サイト」は何回しても無料です。
最低でも1回から2回はしてみると結果にだいぶ差が出てきます。
知識の浅い営業マンや新人の営業マンは出来る限り避ける方が良いと思います。
そういった選別に一括査定サイトはぴったりです。
不動産に関わることは一つひとつがとても大きく大事です。
だからこそ、双方納得のいく契約を目指せる、信用の出来る業者に依頼するようにしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする