「東京都内」の不動産を高く売却するための知っておきたい重要事項

東京の家は他と比べて高く売れることが多いです。もし売ろうとしてい物件が東京都内の家であれば、最大限に高く売るためにはどういった点に気を付ければよいか、「都内の家はなぜ高いか?」からおさらいしておきましょう。

◆東京都内の家はなぜ高く売れるの?

東京都内の家は比較的高く売れます。

その理由は、「日本の中心地」だからです。日本の中心ということは、需要と供給が他より圧倒的に高いことを意味しています。需要も高く、供給も高いため、家の価値が下がりにくいといわれています。

これとは同じ原理で、関西地方であれば大阪、九州地方であれば福岡などは中心地であればあるほど他の地域よりは地価が高いです。しかし、いずれも東京は群を抜いて高いです。

◆東京都内「高く売れる家」の特徴

◇物件そのもの

東京都内の特に高く売れる家の特徴は下記のようになっています。

管理が行き届いている家
修繕計画が立てられている家
商品価値の高い家

マンション・一戸建ていずれも、管理が行き届いている家は他の点をとってもしっかりしていることが多いです。マンションであれば廊下、エントランス、駐車場・駐輪場等の共同部分がキレイです。一戸建てであれば庭や駐車場などの扱い方によって売却価格が変動します。

また、東京都内は他の地域とは違いライバルとなる物件も多いので、そういった点で他との違いを生む必要があります。自分の家の強みがあれば購入検討者に積極的に伝えましょう。

◇特に高く売れるエリア

不動産価値が高いといわれるのは東京都内でも都心3区、都心5区、都心6区だといわれています。都心3区は千代田区・中央区・港区です。この区域は東京のさらに中心です。交通も良く利便性もあり、ステータスも高いです。港区であれば例えば3A(青山・赤坂・麻布)なども有名ですね。

そして、この3区に「新宿区」と「渋谷区」を加えたのが都心5区、さらに「文京区」を加えたのが都心6区です。

他には城西・城南エリアも人気があります。城西エリアは世田谷区、城南エリアは目黒区を指しています。どちらも静かに便利に暮らしたい人向けで、交通の利便性と生活の充実のどちらも手に入れることができます。特にファミリーにおすすめです。

◆東京ですら雲行きが怪しいって本当?

そんな中、東京オリンピックを控える時期にも関わらず、こんな噂があります。

――――――――――「東京ですら不動産市場は荒れ、地価は暴落する」

これが本当であれば大変なことが起きます。日本の中心である東京の地価は暴落するということは、不動産の価値が地に落ちる可能性もあるのです。まだ推測段階ですが、専門家の多くもこの「不動産の2018年バブル」をおおよそ本当だと考えています。

家を売るなら2018年より前、家を買うなら2022年以降が良い理由 

売却、まだ迷ってる?不動産バブルが崩壊する4つの理由がいよいよ信憑性を増してきた

不動産はこれからタダで住める時代になる!?売却は計画的に

東京都心ですらそんな状態では、不動産を持っていても不安を感じるだけでしょう。持ち家は資産ではなく負債と化しているのです。

全体でみると、東京都心の不動産は緩やかに下がっているので、まだ売り手はあるでしょう。

しかし、東京オリンピックが終わったらどうなるかはわかりません。

今不動産の行く末を心配しているのであれば、一度不動産一括査定サイトに査定してもらい、自分の不動産の価値を知っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする